農家のあとつぎの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 火防祭、宴会。

<<   作成日時 : 2005/04/18 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は毎年恒例の、実家の地区の火防祭(かぼうさい、火祭りとも言う)がありました。
一応私も、地区の一消防団員に名前を連ねております。
普段の防火活動は出席できないことが多いのですが、このような行事の時にはなるべく欠かさず出席するようにしております。

我々の地区の火防祭というのは、地区の神社に消防団員や地区の様々な団体の役員、地区民が集まって、防災及び豊穣のお祓いを受けます。
その後、神楽の奉納、手踊りの披露が行われます。
最後に、地区内何箇所かの防火水槽に、消防団のポンプ車をつけて、放水訓練を行い、行事終了となります。

行事が終われば、まず消防団員同士で打ち上げ、その後各団員は出身地区に戻って、地区のお花見に参加します。
花見と言っても、この時期には桜はまだ咲かず、たいてい梅を見ておりますが。
午後まだ明るいうちから飲み始めるので、日が暮れる頃にはすっかりへべれけです。
それにしてもうちの地区は、もともと少なかった世帯数がここ十数年減る一方で、今では13戸しかないのですが、地区行事や町内の運動会などを欠かしたことがありません。
古い田舎の慣習と言ってしまえばそれまでですが、近所の人の顔が見えるというのは、決して悪いことばかりではないと思っています。

ちなみに、私のお気に入りのキタトマさんのブログで、「青年部の宴会」について書かれておりました。
うちの農協の青年部は、42歳の歳祝までは参加可能ですから、会員内の歳の差は最大で20歳位ありますが、飲み会では世代の差を感じることなく、いつも賑やかにやっております。
また、農協青年部はあくまで「世帯が農協組合員」であれば良いので、実際に農業に従事していない青年部員も結構います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、キタトマといいます
農村というのはびっくりするくらい行事が多いですよね。
自分は都会からこの田舎に入ってきたものなので、集まりの多さに戸惑いもなきにしもあらずです。
うちの青年部は特に年齢制限は無いようなのですが、基本的には経営者になったら脱退しているようです。
自分は最初から経営者なのですが、地域の若い連中との交流を持つという意味で青年部に入れさせてもらっています。
しかし20代の元気さにはついていけない...
キタトマ
2005/04/18 20:02
キタトマさんようこそ。よろしくお願いします。
そうですね、田舎暮らしって良くも悪くも人のつながりを大事にするところがありますから。でも、自分の無理のない範囲で交流されれば良いと思います。
ちなみに、私やっとこ平成の人生が長くなりましたが、20代にも気持ちでは負けずに、宴会ではバカやってます(笑)
やまたろう
2005/04/19 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
火防祭、宴会。 農家のあとつぎの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる