農家のあとつぎの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 500 万円の浄水器(農業用)!?

<<   作成日時 : 2006/10/27 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世の中には、「農業用」と称して500万円の浄水器を売っている会社があるそうです。
元ネタは、apjさんのブログ「事象の地平線」の「昼過ぎに電話があって」という記事で見つけ、興味をもって調べてみました。

宣伝内容が、全く科学的根拠のないものであるということについては、本編の方で詳しく述べましたが、農業経営の面から考えても、その価格には疑問です。

農業経営において、一台数百万円する機械というのは別段珍しくありません。
我が家においても、搾乳ロボットを始め、トラクター、田植機、コンバイン…など数多くあります。
しかし、これらは基本的に労働コストの低減と引換えのものであり、我が家の経営上必要なものです。

一方で、浄水器によって得られる効果とは一体何か?
収穫量がその分増えるとか、品質が向上するとかいうことがあれば、導入のメリットはあるのかもしれません。
(この場合の「品質」というのは、例えば規格のような客観的に得られる指標としてのものであり、個人の感覚としてのものではない)
しかし、浄水器の償却期間通期で得られる収益が、浄水器の価格と見合うのかというと、かなり疑問があります。

問題なのは、そういった具体的な効果を示さないまま、雰囲気で何となくすばらしいとか、よい効果があるかのような「宣伝」がなされ、その「宣伝」を信じて、経営上必ずしも必要ではないものを買ってしまう行動が見られるということです。
apjさんのブログ内でも、信じきっている方と周囲の方とのやりとりがあります。

もちろん、信じるという「人の気持ち」の問題に関しては、信じることによって、(本人に対し)何かの良い影響があるかもしれませんから、余計なお世話の面もあるとは思います。
しかし、それはあくまで「本人の気持ち」に対してであり、「具体的な効果」とはまったく別の話であります。

こと金銭が絡むと、「お金を払ってしまった」自分を否定することにつながることもあってか、いくら論理的に説明されても、宣伝が科学的に間違っていることを認めたがらない傾向にあるようです。特に高価なものについては、その傾向が強まります。
とはいえ、そういった方々の説明は、往々にして販売業者の受け売りであり、説明を求めても支離滅裂になることが多いのですが。

いずれ、農業において「浄水器」に500万円を払うのは全く無駄だと思いますし、何かの不思議な効果を期待するという「わくわく感」に500万円を払いたければ止めませんが、宣伝内容は全く意味のないものであることは、理解しておいた方が良いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
500 万円の浄水器(農業用)!? 農家のあとつぎの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる